舞台 あやかしむすび公演延期について

舞台 あやかしむすび公演延期について

公演はおこなう
それを大前提に掲げてここまでやってきましたが
ここに来て伝承ホール4/25-4/29の「あやかしむすび」は”延期”をする事になりました。
現状は時期がまだ確定していないいわゆる無期限延期です。
ですがあえて強調します。
“延期”です。


ここで言っておきたいのは、政府からの要請が理由でもなく、誰からの意見を貰ったからでもありません。
先日、全キャスト・スタッフには物理的に可能であれば続けるつもりだと伝えた時、快く賛同してもらえました。

アメツチは今後も要請や意見には重大な決断を委ねる気はありません。(ファンサービスはなるべく汲み取れるようにしますが)
あくまで会場の状況と現在の状況から、お客様を迎えて公演を行うことが無理になった事からの決断です。


これまでキャストの皆さんの他の公演がなくなり落ち込む様を見ていましたのでそれに加担してしまうことへの申し訳なさがあります。すでに稽古を一日終えて準備してきた様子が垣間見えたり、ものすごく気合が入っているよと耳にしたことが頭によぎるとどうしても遣る瀬無い気持ちになります。


一方でやはりこの状況にキャスト・スタッフを巻き込まずに済むこと、SNSでみなさん来てねと言いづらいこの状況から抜け出せる事への安堵感もあります。
どこか場所を探して無観客で配信という道も残されてはいたかもしれませんが、演劇はやはりお客さんがいてのもの。
これはスポーツや他のエンターテイメントと同じく、今後配信が増えても変わらないと思っています。

「英断です」「正解です」なんて言葉は要りません。全てを含めての正解は誰にもわかりません。その言葉にはなにも救われません。
ただこの決断を評価していただけるなら、必ず良いものに仕上げますので復活の際には是非劇場にお越しください。
舞台・あやかしむすびの大事な大事な最後のパーツ「観客」になってください。
どうかよろしくお願いします。



千穐楽の予定だった4/29、イベント配信という形で皆様の元へメッセージを届ける算段をしています。

状況が落ち着くまでは何かしら配信も企画し続けていきます。

自分たちエンターテイメントを作る側の人間は、落ち込んで下を向く誰かが前を向けるように、挫けそうな誰かが前を見続けられるようにそこにいるべきだと思っています。いざという時に必要のない存在と言われがちなこの世界の人間たちの、この状況下での唯一の存在価値だと思っています。
ですので我々はこれからも能天気にエンターテイメントを発信し続けます。気が向いたら応援よろしくお願いします。


長々と書きましたがご覧頂き誠にありがとうございます。
引き続きアメツチを、役者、スタッフ達を応援よろしくお願いします。


アメツチ プロデューサー 安藤匠郎